トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-09 (火) 23:43:52

ギラード Edit

こんにちは!

今日は、お約束通り
クリスタルと召喚獣についてお話しますね。

そもそもの発端は、
鉱物学者のシド・ブラックという老人が

地質調査の最中に奇妙な結晶を
発見したのがはじまりでした。

そう、それがクリスタル。

シドは研究の結果、クリスタルに
不思議な力が備わっていることを発見しました。

傷の治癒を早めたり、精神の平静が得られたり、
あるいは思考を活発化させるなど……

そして、ついにはクリスタルとの交感によって、

心に思い描く自然現象を
現出させる方法を見つけ出しました。

それが魔法です。

ところが……

クリスタルには、まだ秘密が隠されていました。

極限まで純度を上げたクリスタルは、

大気と触れ合うことで
その表面に霊滴を生じさせます。

そしてこれに特殊な薬品を加えた上で、
火・氷・雷などの元素を融合させると

クリスタルの周囲の空間に
次元の歪みを興(*おそらく誤字)すことができたのです。

この次元の歪みから発生した幽精(ジン)に

人の強烈な思念を当てることで
形状が明確となり、実体化します。

その巨大生物こそが召喚獣……

シドの弟子であるナクトゥが、
偶然にもこのことを発見し、

彼の派遣されていたダリアス王国は、
一夜にして召喚獣に滅ぼされました。

それでも各国の王は、
力を手にするためにクリスタルの研究を続け

ついには召喚獣を使役するに至ったのです。

中でもンドゥヴさまは、
どの国よりも早く召喚獣の研究に着手し、

実用化させたことは記憶に新しいところ。

ああ、そういえば……

ダリアス王国を壊滅させた張本人である
ナクトゥの遺体は

その後の調査でも、
ついぞ発見できなかたそうですね。

一体、彼の遺体はどこに
行ってしまったのでしょう……

ふふふ。

わたしのお話は、ここまでです。

では、またお会いできる日まで。

ごきげんよう。

ル・シェイン Edit

今日は、お約束通り
クリスタルと召喚獣についてお話しますね。

そもそもの発端は、
鉱物学者のシド・ブラックという老人が

地質調査の最中に奇妙な結晶を
発見したのがはじまりでした。

そう、それがクリスタル。

シドは研究の結果、クリスタルに
不思議な力が備わっていることを発見しました。

傷の治癒を早めたり、精神の平静が得られたり、
あるいは思考を活発化させるなど……

そして、ついにはクリスタルとの交感によって、

心に思い描く自然現象を
現出させる方法を見つけ出しました。

それが魔法です。

ところが……

クリスタルには、まだ秘密が隠されていました。

極限まで純度を上げたクリスタルは、

大気と触れ合うことで
その表面に霊滴を生じさせます。

そしてこれに特殊な薬品を加えた上で、
火・氷・雷などの元素を融合させると

クリスタルの周囲の空間に
次元の歪みを興(*おそらく誤字)すことができたのです。

この次元の歪みから発生した幽精(ジン)に

人の強烈な思念を当てることで
形状が明確となり、実体化します。

その巨大生物こそが召喚獣……

シドの弟子であるナクトゥが、
偶然にもこのことを発見し、

彼の派遣されていたダリアス王国は、
一夜にして召喚獣に滅ぼされました。

それでも各国の王は、
力を手にするためにクリスタルの研究を続け

ついには召喚獣を使役するに至ったのです。

ル・シアさまは、この召喚獣を
戦に投入することには反対なさっていましたが、

その信念を貫き通せるほど、
戦は甘いものではありませんよね。

ああ、そういえば……

ダリアス王国を壊滅させた張本人である
ナクトゥの遺体は

その後の調査でも、
ついぞ発見できなかたそうですね。

一体、彼の遺体はどこに
行ってしまったのでしょう……

ふふふ。

わたしのお話は、ここまでです。

では、またお会いできる日まで。

ごきげんよう。

コメント Edit

コメントはありません。 アリシア雑談 その4/コメント?


コメントに対して返信をするときはコメントの左にある○にチェックを入れてください

お名前: